立春

 

1年を24等分した『二十四節気』の最初の節気「立春」は、2月4日から2月18日までの間です。

立春からが新年のスタートです。

この立春から立夏(5月6日)までのことを『春』と呼びます。

まだ寒い時ですが、空気は確実に春を感じ、昼と夜の長さが少しづつ入れ替わり、
日が長くなってきました。

今日を境に気持ちを新たにしたり、何か小さな習慣を始めることで、2019年をより良い
ものにしていきましょう。

 

立春の朝、小さなお雛様をだしました。

20年ほど前に、木目込み人形の先生からいただいた手作りの「はまぐり雛」です。

蛤は同じ貝の貝殻でないとぴったり合わないことから、夫婦和合の象徴とされ、
結婚式やおめでたい席の料理に使用されます。

 

 

 

 

マスターセラピストトレーニング協会認定
ボタニカル暦インストラクター
冨岡悦子

 

ボタニカル暦

関連記事

  1. 7月23日㈪の誕生花は?

  2. 山茶花と椿

  3. 桜始開さくらはじめてひらく

    七十二候 第11候 「桜始開 さくらはじめてひらく」 3/26~30

  4. 七十二候 第59候 朔風払葉 (11/27~12/1)

  5. 七十二候 第53候 霎時施 10月28日~11月1日

  6. ボタニカル暦

    「ボタニカル風水鑑定」 100人モニター募集中

  7. ボタニカル暦鑑定 100人モニター 

  8. 七十二候 第63候 鱖魚群(さけのうおむらがる) 12/17~21

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。