七十二候 第30候 半夏生(はんげしょうず) 7/2~6

 

花暦ST はなこよみすと 冨岡悦子です。

季節がまた一つ進みました。

 

7月2日~6日

二十四節気 夏至末候

七十二候  半夏生(はんげしょうず)

 

この時期に生えるサトイモ科の毒草「烏柄杓(からすびしゃく)」の別称が「半夏」

であることから「半夏生」と呼ばれるようになりました。

カラスビシャクの花言葉は、「心落ち着けて」「ガキ大将」

 

半夏生の期間は、「天から毒が降り、地から毒草が生える」といった言い伝えがあったために、

半夏生に入るまでに田植えを終わらせる、農事の節目とされていました。

半夏生の日に降る雨は、「半夏雨」と呼ばれ、この日の天気によって一年の豊作を祝う風習があったとか。

 

関西では、豊作を祈って蛸を食べるのは、稲が蛸の足のように大地にしっかり根付くように

という願いが込められています。 蛸には、タウリンが多く含まれているので、蒸し暑く

疲れやすい時期にピッタリです。 マリネも美味しいですね。

7月2日は「蛸の日」

 

 

おすすめパワーフードは、オクラです。

ネバネバ成分は、免疫力を高めたり、お腹の調子を整えてくれたりします。

私は、山芋や納豆と合わせて、冷やし蕎麦やうどんにのせて食べるのが好きです。

お味噌汁に刻んで入れるのもいいですよ。

 

旬のパワーフードをいただくことや、開運行動を重ねる箏で、より豊かな暮らしを

ご提案しています。

 

ボタニカル暦鑑定 100人モニター 

関連記事

  1. ボタニカル暦

    七十二候 第2候 黄鶯睍睆 うぐいすなく  2/9~13

  2. 七十二候 第64候 乃東生 なつかれくさしょうず 12/22~26

  3. ご自宅鑑定の申し込みが続いています

  4. ボタニカル暦鑑定 100人モニター 

  5. 七十二候 第28候 乃東枯 なつかれくさかるる 6/22~26

  6. 七十二候 第68候 水泉動(しみずあたたかをふくむ)1/10~14

  7. 夏至  6/22~7/6

  8. ボタニカル暦

    「ボタニカル風水鑑定」 100人モニター募集中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。