七十二候 第27候 梅子黄 うめのみきばむ  6/16~21

花暦ST はなこよみすと 冨岡悦子です。

季節は春夏秋冬の他に、立春から始まるニ十四節気、
さらにそれを3等分した七十二候があります。

七十二候は、1年を72に区切って、5日ごとに季節それぞれの
できごとを、そのまま名前にしています。

 

6月16日~21日

二十四節気 芒種 (ぼうしゅ) 末候

七十二候 梅子黄 (うめのみきばむ)

梅の実が熟して、黄色く色づく頃

 

この時期の代表的な植物は「梅」

クエン酸リンゴ酸などの有機酸を含み、疲労回復や健胃、食欲増進などの働きがあります。

梅干し、梅酒、梅酢、ジャムなどの原料に。

梅酒用には、青梅を、梅干しや梅酢用なら、黄色く熟した実を使います。

青梅が店先に出回るのは初夏のほんの短い時期です。

初めて梅ジュース(梅シロップ)を作りました。出来上がりは1カ月ほどです。

 

梅の花言葉は、

気品、上品、高潔、潔白、忠実、独立、喜び、忍耐、艶やかさ、約束を守る、美と長寿

 

旬の魚は、すずき

新鮮なものは刺身やカルパッチョに。

白身で淡白な味は、ムニエルや酒蒸しにしても美味しいですね。

 

 

 

植物を活用してより豊かな暮らしをご提案しています。

ボタニカル暦鑑定 100人モニター

http://etsukotomioka.com/botanical-almanac/botanical-moitor/

 

 

マスターセラピストトレーニング協会
エグゼクティブインストラクター
冨岡悦子
担当科目:ボタニカル暦・九星気学・バッチフラワーレメディ

 

関連記事

  1. ボタニカル暦

    七十二候 第62候 熊穴蟄くまあなにこもる (12/12~16)

  2. 今日はどんな日

  3. 木槿(ムクゲ)と芙蓉(フヨウ)

  4. 十五夜

  5. ふたご座新月

  6. 七十二候 第63候 鱖魚群(さけのうおむらがる) 12/17~21

  7. 立春

  8. 七十二候 第54候 楓蔦黄ばむ (11/2~11/6)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。