散歩の草花図鑑

植物王子こと東先生に、植物図鑑の選びかたを

お聞きしました。

 

1.最新の分類体系(APG)であること。

近年、DNA解析をもとにした新しい分類体系が導入されたので、

科目のグループ分けが変わりつつあります。

古い分類の図鑑も出回っているので、注意する。

 

2.自分の用途に合わせて、使い勝手の良い物。

持ち歩くのには、ポケットサイズが良い。(300種類)

植物の分類ごと、季節、生育場所など

 

3.学名が記載されているもの

 

4.写真が豊富

 

「すきまの植物図鑑」

「雑草の呼び名図鑑」

 

私が、購入したものは、

 

「子どもに教えてあげられる散歩の植物図鑑」

大和書房  800円

 

 

 

マスターセラピストトレーニング協会認定

バッチフラワーインストラクター

冨岡悦子

 

 

 

関連記事

  1. 自分のことばかりしゃべる人

  2. バッチフラワー プレミアム アカデミー

  3. バッチフラワー ワイルドオートで夢の実現

  4. 10年前から貯筋しています。

  5. 一カ月ですごい変化

  6. バッチフラワーレメディ新春セール

  7. バッチフラワーアドバイザーが誕生しました。

  8. 体力を過信していませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新情報

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. お客様の声

    ボタニカル暦