散歩の草花図鑑

植物王子こと東先生に、植物図鑑の選びかたを

お聞きしました。

 

1.最新の分類体系(APG)であること。

近年、DNA解析をもとにした新しい分類体系が導入されたので、

科目のグループ分けが変わりつつあります。

古い分類の図鑑も出回っているので、注意する。

 

2.自分の用途に合わせて、使い勝手の良い物。

持ち歩くのには、ポケットサイズが良い。(300種類)

植物の分類ごと、季節、生育場所など

 

3.学名が記載されているもの

 

4.写真が豊富

 

「すきまの植物図鑑」

「雑草の呼び名図鑑」

 

私が、購入したものは、

 

「子どもに教えてあげられる散歩の植物図鑑」

大和書房  800円

 

 

 

マスターセラピストトレーニング協会認定

バッチフラワーインストラクター

冨岡悦子

 

 

 

関連記事

  1. 「心の傾向とその対策~感情のレッスン講座」

  2. 一カ月ですごい変化

  3. 自信喪失  プレッシャーに弱い

  4. 見返りを求める

  5. バッチフラワーレメディ新春セール

  6. バッチフラワーアドバイザーが誕生しました。

  7. 「心の傾向とその対策~感情のレッスン講座」

  8. カサンドラ症候群

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。