カサンドラ症候群

 

カサンドラ症候群とは、アスペルガー症候群の夫または妻(またはパートナー)と
情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに現れる、身体的・精神的
症状を表す言葉です。

 

主な症状として、偏頭痛、体重の増加または減少、自己評価の低下、パニック障害、
抑うつ、無気力があります。

 


カサンドラ症候群はまだ正式な医学用語に認定されておらず、病気が確立されている
ものではありません。
そういったことがあることを知らずに、一人で悩み苦しんだ末、離婚に至った話も
聞いています。

 

そんな方にも、バッチフラワーレメディが役に立ちます。

 

 

 

アスペルガーのパートナーを変えることは、すぐには難しいけれど、カサンドラ自身の
感情を変えることがまず大切なことです。

 


アスペルガーに対して折れるのではなく、まず元気になるためにバッチフラワーレメディ
を使ってみてください。
マイナス感情が消えることで、心が落ち着きます。

 


まずは、レスキューシリーズから使ってみてください。

 

 

 

そして、長期的に感じているマイナス感情から適したバッチフラワーレメディを
選びブレンドしたものを飲むことで、必ずご自身の感じ方が変わり、とても楽に
なっていきます。

 

 

カウンセリングから最適なバッチフラワーレメディをお選びします。

 

まずはご相談・ご質問はこちらから

 

 

マスターセラピストトレーニング協会認定
バッチフラワーレメディインストラクター
冨岡悦子

関連記事

  1. 全部やったけど上手くいかない時のゴース

  2. 「心の傾向とその対策~感情のレッスン講座」

  3. 人や環境の影響を受けやすい人には、ウォルナット

  4. 一カ月ですごい変化

  5. 不眠に悩む人へ

  6. すぐに諦めてしまう人

  7. 生きているのが、楽しくて仕方がないレシピ

  8. コミュニケーション緊張を緩和するレシピ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。