バッチフラワーレメディーとは

今から約80年ほど前の1936年、イギリスでバッチフラワーは生まれました。

 

考案したのは医師であり、細菌学者、病理学者でもあったエドワード・バッチ博士です。

 

博士は高名な医師でしたが、患者の訴えに耳を傾けるうち、従来の診断法・治療法に限界を感じ、自身で新しい治療法を模索するようになります。
そして野生の植物に心や感情を癒す不思議な力があることに注目し、長い年月をかけた研究の末に、38種類からなるバッチフラワーを完成させるのです。

 

飲んで、心を癒すために使います。

 

バッチフラワーレメディは、薬ではないため、副作用や依存性がありません。

 

乳幼児から、高齢者まで、誰でも簡単に使えます。

 

 

今では、ドイツ、フランスなどヨーロッパをはじめ、アメリカ合衆国、
オーストラリアなど、60か国以上に輸出され、世界中の人々に愛飲されています。