バッチフラワーレメディとは

バッチフラワーレメディは、約80年前の1936年、イギリスで生まれた自然療法です。
考案したのは医師であり、細菌学者、病理学者でもあったエドワード・バッチ博士です。

博士は高名な医師でしたが、患者の訴えに耳を傾けるうち、従来の診断法・治療法に限界を感じ、自身で新しい治療法を模索するようになります。
そして野生の植物に心や感情を癒す不思議な力があることに注目しました。
38種類のハーブから抽出されたエッセンスを飲んで、マイナス感情を和らげていく方法が、バッチフラワーレメディです。

バッチフラワーレメディは、薬ではないため、副作用や依存性もなく、家庭でも手軽に使えることができます。
思いがけず不快な気分になったとき、病院に行かれない夜間や休日も、バッチフラワーレメディがあれば、まずは気持ちを落ち着かせることができます。

原産国であるイギリスを中心とするヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどがこの植物療法については先進国で、小さな薬局や駅、飛行場の売店でも手軽に買うことができる日用品です。
イギリスでは救急車の到着時には、救急隊員が携帯していることでもその信頼性の高さがわかります。
日本で発売されてから約20年で、アロマセラピーやハーブの専門家から人気に火がつき、専門店や有名量販店で買うことができるようになりました。
38種類のエッセンスがあるので、できれば専門家に相談を受け、適切なものを選び組み合わせることが、バッチフラワーレメディを正しく快適に使うコツです。

レスキューシリーズで感情のベースを整える

どうしていいのかわからず困っている状態から、いきなり38種類から1本を選ぶのは、難しいものです。
一番使いやすいのは、5種類のレメディを配合した”レスキューレメディ””です。
強いショックやパニックを早急に鎮めて落ち着くための緊急用のレメディです。
相当強いストレスも落ち着くことができます。


予防的に使うこともできるので、あらかじめ飲んでおくこともお勧めします。
まずはレスキューレメディを多用することで、感情のベースを整え、大きなストレスを取り除いてから、
それでも残っているマイナス感情に向かうと、38種類の効果をひきだしやすくなります。

レスキューシリーズ

1日4回以上、ストレスが強い時には10分に1度位まで頻度をあげても構いませんので、しっかりと基本のストレスケアを行ってください。
クリーム、スプレー、キャンディは、お好みで使い分けてください。

バッチフラワーレメディの選びかた

今、感じる心の状態と指標を照らし合わせ、ふさわしいレメディを見つけてください。
より頻繁に、より強く感じる感情を優先して選ぶようにします。
いきなりひとつに絞ることが出来なくても構いません。
最高でも7、8種類まで、同時に飲用することが出来ますから、最初のうちは、その時、自分がもっとも必要と思われるものを選んでみます。
慣れるにしたがって、自分の状況にふさわしいレメディを簡単に選べるようになります。


【7つの指標から選ぶ】
恐れと不安がある
自己確立できていない
現実に無関心
淋しさと孤独を感じる
失意と絶望
人や周囲に敏感過ぎる
他人のことに関心を持ちすぎる

カウンセリング    http://etsukotomioka.com/bach-flower/bachflower-counseling/

認定講座            http://etsukotomioka.com/bach-flower-seminar/

感情整理を学ぶ1Day講座     http://etsukotomioka.com/bach-flower/kanjo-seiri/