夏至  6/22~7/6

 

花暦ST はなこよみすと 冨岡悦子です。

6月22日㈯ 0時54分に「夏至日」を迎えます。

夏至は、北半球において、一年で昼が一番長くなり、夜が最も短くなる日です。

昼が最も短い冬至と比べると昼間が4時間以上も長くなります。

本格的な夏に向けて、日増しに気温が上がる一方で、この日を境に、日照時間は短くなっていきます。

22日の夜中が頂点になりますので、21日に太陽のエネルギーを意識してすごしてください。

 

 

夏至祭りとして日本で有名なのは、三重県伊勢市にある二見興玉神社。

夫婦岩の間から昇る日を浴びながら、二見浦に入って禊を行います。

 

1年で一番短い夜をキャンドルの灯りだけで過ごす「キャンドルナイト」というイベントも

各地で人気のようです。

 

ヨーロッパでは、愛を象徴する日と考えられていたことで、夏至はクリスマスと同じく

”大切な人”と過ごす日でもあるようです。

 

 

夏至の期間は、次の二十四節気「小暑」の前日まで 6月22日から7月6日です。

関連記事

  1. 穀雨初候 第16候 葭始生(あしはじめてしょうず)

  2. 立冬初候 第55候 山茶始開

  3. 立秋末候 第39候 蒙霧升降

  4. 夏至末候 第30候 半夏生(はんげしょうず)

  5. 小満次候 第23候 紅花栄(べにばなさかう)

  6. 晴明初候 第13候 玄鳥至(つばめきたる)

  7. 大雪末候 第63候 鱖魚群(さけのうおむらがる) 

  8. 立夏次候 第20候 蚯蚓出(みみずいずる)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。