雨水  2月19日~3月5日

 

2月19日から3月5日までが、二十四節気の第二候 「雨水」です。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味です。
このころ、都内で降る雪は、すぐに雨になって溶け始めます。

草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。

 

 

ボタニカル暦

 

関連記事

  1. 春分初候 第10候 雀始巣(すずめはじめてすくう)

  2. 立夏初候 第19候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

  3. 夏至初候 第28候 乃東枯 なつかれくさかるる 

  4. 大雪末候 第63候 鱖魚群(さけのうおむらがる) 

  5. 小満次候 第23候 紅花栄(べにばなさかう)

  6. 小寒次候 第68候 水泉動(しみずあたたかをふくむ)1/10~14

  7. 立夏次候 第20候 蚯蚓出(みみずいずる)

  8. 小満末候 第24候 麦秋至(むぎのときいたる)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。