夏至初候 第28候 乃東枯 なつかれくさかるる 

 

花暦ST はなこよみすと 冨岡悦子です。

 

二十四節気 夏至

七十二候 乃東枯 (なつかれくさかるる)  6月22〜26日

 

冬至の頃に芽を出すシソ科のウツボグサ(乃東)が、6〜8月に青紫色の花穂をつけます。

ウツボグサの花穂を採取して乾燥させたものは、夏枯草(かごそう)という生薬で、

消炎、利尿作用があります。

 

昨年富山県の立山で、自生する日本固有種のタテヤマウツボグサを見ることができました。

花言葉は、「優しく癒す」「協調性」

 

この時期の開運ボタニカル

冬瓜

夏みかん

 

植物の力で、より豊かな暮らしをご提案しています。

ボタニカル暦鑑定 100人モニター 

 

関連記事

  1. 大暑初候 第34候 桐始結花

  2. 処暑初候 第40候 綿柎開

  3. 夏至  6/22~7/6

  4. 小雪次候 第59候 朔風払葉 

  5. 小寒次候 第68候 水泉動(しみずあたたかをふくむ)1/10~14

  6. 晴明末候 第15候 虹始見(にじはじめてあらわる)

  7. 立末候 第57候 金盞香(きんせかさく)

  8. 啓蟄初候 第7候 蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。