夏至次候  第29候 菖蒲華 あやめのはなさく  

花暦ST はなこよみすと 冨岡悦子です。

季節がまたひとつ進みました。

 

6月27日~7月1日

二十四節気 夏至

七十二候  菖蒲華 (あやめはなさく)

梅雨空の下、あやめの花が咲く頃。

 

「いずれが菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)」は、どちらも優れていて迷う時に使う
ことわざで、美人のたとえにも使われます。

 

アヤメとショウブは、どちらも漢字で書くと「菖蒲」ですが、別物です。菖蒲と花菖蒲は
また別で、杜若(カキツバタ)もよく似ています。ややこしいですが、花期や生育場所、
花の模様などが違います。

 

あやめの花言葉は、

「優雅な心」「嬉しい知らせ」「よい便り」「神秘的な人」「信じるものの幸福」

 

 

この時期のパワーフードは、茗荷(みょうが)です。

 

独特の爽やかな香りとほのかな苦み、シャキシャキした食感は、夏の薬味としてかかせません。

 

実家の裏庭にみょうがが生えていて、子供の頃祖父から「みょうがを食べると物忘れをする」
と聞かされていました。
子供心に意味がわからなかったけれど、ずっと記憶に残っていました。

 

茗荷(みょうが)を食べると物忘れする。この言い伝えは、お釈迦様の十大弟子の一人、
周利槃特(しゅりはんどく)という人物のエピソードに由来します。

物忘れの名人だった彼は、自分の名前すら覚えられず、不憫に思ったお釈迦様が名荷
(みょうが:
名札のこと)を首にかけさせても、そのことすら忘れてしまう人物だったのだとか。
槃特が亡くなり、墓から生えたのが茗荷だったという説話の一部が「物忘れ=茗荷」という
イメージに転じて昔話や落語「茗荷宿」の元になり広まったそうです。


もちろん茗荷を食べても物忘れなどせず、独特の香りが集中力を高める効果が期待できるようです。

 

 
 
 

関連記事

  1. ボタニカル暦

    立春次候 第2候 黄鶯睍睆 うぐいすなく  

  2. 晴明末候 第15候 虹始見(にじはじめてあらわる)

  3. 夏至末候 第30候 半夏生(はんげしょうず) 

  4. 立末候 第57候 金盞香(きんせかさく)

  5. 夏至初候 第28候 乃東枯(なつかれくさかるる)

  6. 小満次候 第23候 紅花栄 べにばなさかう 

  7. 小満次候 第23候 紅花栄(べにばなさかう)

  8. 穀雨次候 第17候 霜止出苗(しもやみてなえいずる)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。