第36候 大雨時行(たいうときどきふる)

七十二候
大雨時行(たいうときどきふる)

______________

1年を立春からスタートし、
春分、夏至、秋分、冬至の四つの時期を
基準とし、24分割したものが、
二十四節気です。

それをさらに、
初候、次候、末候で3分割したものが、
七十二候です。

5日に一度、季節が進み、
季節それぞれの出来事を名前に
しています。

______________

 

2020年8月2日~8月6日は

大暑 末候 第36候

大雨時行(たいうときどきふる)

ときどき大雨が降る頃。
入道雲が湧き上がり、夕立が降り乾いた大地を潤します。

5日間に目にしたり、召し上がると
幸福感が高まる旬のものは

植物:西瓜(すいか)
魚: 太刀魚(たちうお)
動物:カブトムシ、クワガタ

 
スイカは、日本には平安時代に伝わり、中国より西から来た瓜だから、
「西瓜」と呼ばれるようになったそうです。
 
 
一番の旬は、立秋をすぎる8月半ばなので、季語は秋になります。
 
 
花言葉は、「かさばるもの」
 
 
 
 
 
 

 

関連記事

  1. 第26候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

  2. 天の川

  3. ボタニカル暦

    七十二候 第2候 黄鶯睍睆 うぐいすなく  2/9~13

  4. 七十二候 第37候 涼風至  りょうふういたる 

  5. 夏至  6/22~7/6

  6. 立冬初候 第55候 山茶始開 (11/7~11)

  7. 立冬次候 第56候 地始凍 11/12~16

  8. 第25候 蟷螂生(かまきりしょうず)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。