小満末候 第24候 麦秋至(むぎのときいたる)

1年を立春からスタートし、春分、夏至、秋分、冬至の
四つの時期を基準とし、24分割したものが、
二十四節気です。

 

それをさらに、
初候、次候、末候で3分割したものが、
七十二候です。

 

5日に一度、季節が進み、
季節それぞれの出来事を名前に
しています。

 

5月31日〜6月4日までの5日間は、

小満 末候 

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟して収穫する頃

「秋」は実りの時期という意味で使われています。

 

 

麦の穂を揺らすように吹く風を「麦嵐」

この頃降る雨のことを「麦雨(ばくう)」と言います。

 

 

日本語で麦というと、イネ科の植物を含めて指します。
大麦、小麦、えん麦、ライ麦など

 

麦の花言葉
富  繁栄  希望  豊作  豊産

 

この期間に召し上がったり、目にすることができたら、
幸福感が高まる旬のもののご紹介です。

 

植物:麦
         枇杷(びわ)

魚:べら(別名:キュウセン) 
  東日本ではあまり見かけませんが、西日本では高級魚で美味しいそうです。

鳥:四十雀(しじゅうから)
  「ツィーピーツィツィピー」と高くすんだ声で鳴きます。
      喉からお腹を通って尾羽まで、黒い縦シマ模様があるのが特徴です。

 

 

関連記事

  1. 小暑次候 第31候 温風至

  2. 夏至初候 第28候 乃東枯(なつかれくさかるる)

  3. 小暑末候 第33候 鷹乃学習

  4. 小満初候 第22候 蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)

  5. 春分末候 第12候 雷乃発声 

  6. 夏至末候 第30候 半夏生(はんげしょうず)

  7. 白露末候 第45候 玄鳥去(つばめさる)

  8. 小雪次候 第59候 朔風払葉 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。