第22候 蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)

おはようございます。

暦と旅の案内人 認定こよみすとの冨岡悦子です。
今朝のご気分はいかがですか?

 

関東地方は土曜日まで雨の予報が続きます。
この時期の雨を、卯の花の咲いているころに
降り続く長雨で 卯の花腐し(うのはなたくし)
と言います。

 

5 20日(水)
九紫火星中宮
癸亥(みずのとい)

今日から七十二候のまた新しい季節を迎えます。

小満 初候 第22候
蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)
2020520日~ 25

 

二十四節気の小満とは、
万物が成長して、大地に生命が満ち始める頃。

蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)は、
蚕が活発に桑を食べ、ぐんぐんと育つ頃です。

そして、糸を吐いて真っ白な繭を作り、
高価な絹糸を産むことから、「おかいこさま」
と呼ばれ、昔から大切にされてきました。

茨城県は、かつて絹の一大産地で、
高級絹織物と言われる「結城紬」は
今なお愛されています。

筑波山のふもとに、
「蚕影(こかげ)神社」があります。

旬のものは

植物: 桑の葉 
    そら豆  
    卯の花
魚 : 鱚(きす)
虫 : てんとう虫

 

 

今日の運気です。

 一白水星
物事がスピーディに進む。
ご先祖様に感謝の1日。

 

二黒土星
目標のゴールをきれる。
美味しいもので運気UP。

 

三碧木星
チャンスを掴める。

 

四緑木星
目立つと打たれる。謙虚に。


五黄土星
情愛に恵まれる。

 

六白金星
地道な作業が辛くなく感じる。
基盤を整えると良い日。


七赤金星
楽しくもしっとりも語れる。
話術で勝負ができる。

 

八白土星
ご縁に恵まれない。
自分のことに集中。

 

九紫火星
八方塞がりの一日。
環境整備に努めること。

今日も心穏やかに過ごせますように。

 

 

こよみすと養成コース
http://etsukotomioka.com/kigakulanding/koyomisutoyosei/

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 立夏 初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

  2. 第36候 大雨時行(たいうときどきふる)

  3. 第29候 菖蒲華(あやめのはなさく)

  4. 大雪末候 第63候 鱖魚群(さけのうおむらがる) 12/17~21

  5. 七十二候 第37候 涼風至  りょうふういたる 

  6. 霜降 次候 第53候 霎時施 

  7. 立冬 末候 第57候 金盞香(きんせかさく)11/18〜21

  8. 立春 初候 東風解凍 はるかぜこおりをとく  2/4~8

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。