芒種次候 第25候 蟷螂生(かまきりしょうず)

1年を立春からスタートし、春分、夏至、秋分、冬至の
四つの時期を基準とし、24分割したものが、
二十四節気です。

 

それをさらに、
初候、次候、末候で3分割したものが、
七十二候です。

 

5日に一度、季節が進み、
季節それぞれの出来事を名前に
しています。

 

6月5日〜6月9日までの5日間は、

芒種 初候 第25候

蟷螂生(かまきりしょうず)

前年の秋に草木の茎などに産み付けられた卵から、
赤ちゃんかまきりが孵化する頃。


旬のもの 

植物:らっきょ
         柘榴(ざくろ)
   苗代苺(なわしろいちご)

魚 :あいなめ 鮎 

昆虫:かまきり 
         害虫を捕まえるため農業では役立つ虫です。

 

 

 

関連記事

  1. 穀雨次候 第17候 霜止出苗(しもやみてなえいずる)

  2. 夏至末候 第30候 半夏生(はんげしょうず)

  3. 立春末候 第3候 魚上氷 

  4. 夏至  6/22~7/6

  5. 小雪次候 第59候 朔風払葉 

  6. 芒種次候 第26候 腐草為蛍

  7. 大暑次候 第35候 土潤溽暑

  8. 立夏末候 第21候 竹笋生(たけのこしょうず) 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。