芒種次候 第26候 腐草為蛍

1年を立春からスタートし、春分、夏至、秋分、冬至の
四つの時期を基準とし、24分割したものが、
二十四節気です。

 

それをさらに、
初候、次候、末候で3分割したものが、
七十二候です。

 

5日に一度、季節が進み、
季節それぞれの出来事を名前に
しています。

 

6月10日〜6月15日までは、

芒種 次候 第26候

腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)

蛍が光を放って飛び交う頃。
昔の人は、
腐った草が蛍に生まれ変わると信じられていました。

旬のもの 
野菜:トマト
         茗荷(みょうが

         紫陽花

魚 :スルメイカ

虫 :蛍

行事:田植えの祭り

関連記事

  1. 夏至初候 第28候 乃東枯(なつかれくさかるる)

  2. 立秋初候 第37候 涼風至

  3. 桜始開さくらはじめてひらく

    春分次候 第11候 桜始開 さくらはじめてひらく 

  4. 雨水次候 第5候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

  5. 春分末候 第12候 雷乃発声 

  6. 夏至末候 第30候 半夏生(はんげしょうず)

  7. 芒種末候 第27候 梅子黄

  8. 立冬次候 第56候 地始凍

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。