第35候 土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)

七十二候
土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)

______________

1年を立春からスタートし、
春分、夏至、秋分、冬至の四つの時期を
基準とし、24分割したものが、
二十四節気です。

それをさらに、
初候、次候、末候で3分割したものが、
七十二候です。

5日に一度、季節が進み、
季節それぞれの出来事を名前に
しています。

______________

 

2020年7月27日~7月31日は

大暑 次候 第35候

土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)

ムワッと熱気がまとわり付き、蒸し暑くなる頃。

非常に蒸し暑いことを「溽暑(じょくしょ)」と言い、
陰暦6月の異名になります。

 

5日間に目にしたり、召し上がると
幸福感が高まる旬のものは

植物:枝豆

収穫後すぐに時間単位で鮮度が落ちていくので、できれば
枝つきのもので、葉の色が生き生きとした緑色、枝と枝の
間隔が狭く豆が密集しているものがおすすめです。

塩茹でが一般的ですが、焼き枝豆もとても美味しいです。

花言葉 幸せは必ず訪れる 和睦

魚: あなご

アナゴは脂質が少なく淡白な味のため、天ぷらにしたりふっくらとタレで
炊いてお寿司などにして食べることが一般的
です。
割いてあるものでは、身が白く厚く、においの少ないものを選びましょう。

 

関連記事

  1. 七十二候 第26候 腐草為蛍 くされたるくさほたるとなる 6/11~1…

  2. 第29候 菖蒲華(あやめのはなさく)

  3. 冬至初候 第64候 乃東生 なつかれくさしょうず 12/22~26

  4. 立夏 初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

  5. 冬至 末候 第66候 雪下出麦 (1/1~5)

  6. 第36候 大雨時行(たいうときどきふる)

  7. 天の川

  8. 立夏 次候 蚯蚓出(みみずいずる)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。