処暑次候 第41候 天地始粛

処暑次候 
第41候 天地始粛
てんちはじめてさむし

______________

1年を立春からスタートし、
春分、夏至、秋分、冬至の四つの時期を
基準とし、24分割したものが、二十四節気です。

それをさらに、
初候、次候、末候で3分割したものが、七十二候です。

5日に一度進む、季節の移ろいを知らせる
自然界からのサインです。

______________

処暑次候
第41候    天地始粛
てんちはじめてさむし

ようやく暑さが鎮まる頃。
「粛」は縮む、しずまるという意味
2020年8月28日~9月1日頃

 

この期間目にしたり、召し上がると
幸福感が高まる旬のものは、
開運に欠かせないものです。

 

植物:ぶどう
   鳳仙花(ほうせんか)
魚 :ぐち

 

行事など
二百十日:
立春から数えて210日目。台風がやってくる日。
各地で風鎮めの祭りがある。

おわら風の盆(富山県八百町)

2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
中止されることとなりました。

 

ぶどう ブドウ科 ブドウ属
様々な品種のぶどうが楽しめる。
果実、ワイン、油など有用。

花言葉は陶酔・信頼・思いやり

 

 

鳳仙花 ツリフネソウ科 ツリフネソウ属
赤いものは昔から女の子が爪を染めるのに使ったため、
ツマクレナイ、ツマベニ(爪紅)の名もある。

花言葉は快活・短気・心を開く・繊細

関連記事

  1. 七十二候 第27候 梅子黄 うめのみきばむ  

  2. 小満初候 第22候 蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)

  3. 啓蟄末候 第9候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

  4. 立春末候 第3候 魚上氷 

  5. 小満次候 第23候 紅花栄(べにばなさかう)

  6. 雨水  2月19日~3月5日

  7. 晴明次候 第14候 鴻雁北(こうがんかえる)

  8. 白露末候 第45候 玄鳥去(つばめさる)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。