小寒次候 第68候 水泉動(しみずあたたかをふくむ)1/10~14

七十二候 第56候は、「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」
地中では凍っていた泉が溶け、水がすこしずつ動き始めるころ。

 

 

この時期のボタニカルは柊 

葉の縁の棘に触るとヒリヒリと痛むの意味である「疼(ひひら)くが名前の由来です。
魔除けとして家の庭の表鬼門(北東)にヒイラギ、裏鬼門(南西)にナンテンの木を
植えると良いとされています。
また、2月3日節分の夜、ヒイラギの枝と大豆の枝に鰯の頭を門戸に飾ると悪鬼を払う
という習わしもありますね。

花言葉は、用心深さ 先見の明 保護

 

 

 

パワーフードは、春菊です。

春菊は独特な香りと苦みが特徴的です。βカロチンやカリウムなど多くの栄養素があり、
風邪や肌荒れを予防し、高血圧・むくみ予防にも有効です。

アクが少ないので下処理なしでも食べられる野菜で、葉の部分は生でも
食べることができるのでサラダもおすすめです。
独特の香りと苦みがお好きな方は、おひたしや鍋物でくたっとさせてどうぞ。

 

 

 

鏡開き

1月11日には、神様にお供えしていた鏡餅を下げ、 お汁粉にしていただきます。
このとき、包丁で切るのではなく、木槌や手
で割っていただくので、「割る」が
「開く」という縁起のいい言葉になったそうです。
小さく切って、素揚げにしていただくのも、カロリーが気になりますが、美味しいですね。

 

 

 

ボタニカル暦100人モニター

 

 

ボタニカル暦

関連記事

  1. 啓蟄末候 第9候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

  2. 晴明末候 第15候 虹始見(にじはじめてあらわる)

  3. 処暑末候 第42候 禾乃登(こくものすなわちみのる)

  4. 立末候 第57候 金盞香(きんせかさく)

  5. 穀雨次候 第17候 霜止出苗(しもやみてなえいずる)

  6. 夏至次候 第29候 菖蒲華(あやめのはなさく)

  7. 啓蟄次候 第8候 桃始笑(ももはじめてさく)

  8. 雨水  2月19日~3月5日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。