冬至 末候 第66候 雪下出麦 

新年明けましておめでとうございます。
今年も七十二候をお伝えしていきます。

2019年最初の七十二候は、 第66候 「雪下出麦 ゆきわたりてむぎのびる」

積もった雪の下で、麦が芽を出し始めるころ。
麦は発芽して開花、成熟し枯れるまで足かけ二年かかります。越年草、二年草。
「麦踏み」は、霜柱によって浮き上がった土を抑え、徒長を防ぎ、根張りをよく
するために行います。

 

「元日」は、1月1日のことで、「元旦」は1月1日の朝のみを意味します。
「旦」は地平線から顔を出した太陽をかたどった文字。
初日の出参りの起源は、平安時代に始まった宮中行事である「四方節」。
元旦に身を清めた天皇が、アマテラスを始めとする神々に一年の豊作と平和を祈願
しました。
現代では、「四方拝しほうはい」と名前を変え、皇室行事として行われています。

 

旬の野菜は百合根 

茶わん蒸しなどに使われるほか、栄養豊富で漢方薬としても用いられています。

 

ボタニカル暦

 

旬の野鳥は、雀

この時期、厳しい寒さをしのごうとして、羽毛をかわいらしくふっくらと
ふくらませる様子を「ふくら雀」と言い、
一年中いるのに、元日に見た雀は、
明るく美しく見えることから「初雀はつすずめ」

 

 

ボタニカル暦鑑定

http://etsukotomioka.com/botanical-almanac/botanical-moitor/

 

ボタニカル暦講座

http://etsukotomioka.com/botanical-fengshui-2/

 

ボタニカル暦

関連記事

  1. 小寒 初候 第67候 芹乃栄

  2. 芒種次候 第26候 腐草為蛍

  3. 小暑末候 第33候 鷹乃学習

  4. 晴明初候 第13候 玄鳥至(つばめきたる)

  5. ボタニカル暦

    立春次候 第2候 黄鶯睍睆 うぐいすなく  

  6. 春分次候 第11候 桜始開 

  7. 立冬次候 第56候 地始凍

  8. 小雪初候 第58候 虹蔵不見 にじかくれてみえず  

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。