大雪末候 第63候 鱖魚群(さけのうおむらがる) 

大雪 末候の第63候は、 鱖魚群(さけのうおむらがる)
2018年は、12月17日からの5日間です。

鮭が産卵のために、群れをなして川をさかのぼる。

川の上流で生まれた鮭の稚魚は、海へと下り、数年かけて成長した後に、元の川に
戻ってきます。
アイヌ語で鮭のことをカムイチェプと言い、「カムイ」は神、「チェプ」は魚を指し、
「神の魚」という意味です。アイヌの人々は毎年群をなして川を登る鮭を、貴重な食料
として大切にしていたとうかがい知ることができます。

ボタニカル暦

 

 

この時期のボタニカルは ニラ

 

独特の匂いは、ニンニクと同じ硫化アリル。
体を温め、風邪の予防をし、自律神経を刺激してエネルギーの代謝を高めます。
消化を助けるため、胃もたれにも有効です。腸の悪いときや貧血の人には、ニラ入り雑炊
がお勧めです。煮込むと薬効成分の働きが弱まるので、ニラを加えたら早めに火を止める
ようにしてください。

春に咲く星型の花の花言葉は、「星への願い」「多幸」 ロマンチックですね。

 

ボタニカル暦

 

こちらはバッチフラワーレメディのスターオブベツレヘムです。
ニラの花と同じくユリ科の白い6枚花弁で、よく似ていますね。
バッチフラワーレメディのスターオブベツレヘムは過去の辛い出来事をよく思い出す人や、
トラウマがいまだに癒されていない人にお勧めのレメディです。
お持ちの方はこの5日間一緒に飲んでみるのも面白いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ボタニカル暦

ボタニカル暦鑑定100人モニター

http://etsukotomioka.com/botanical-almanac/botanical-moitor/

 

ボタニカル暦講座

http://etsukotomioka.com/botanical-fengshui-2/

 

関連記事

  1. 立春末候 第3候 魚上氷 

  2. 小暑次候 第31候 温風至

  3. 処暑末候 第42候 禾乃登(こくものすなわちみのる)

  4. 晴明初候 第13候 玄鳥至(つばめきたる)

  5. 処暑次候 第41候 天地始粛

  6. 夏至末候 第30候 半夏生(はんげしょうず) 

  7. 晴明次候 第14候 鴻雁北(こうがんかえる)

  8. 雨水初候 第4候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。