ボタニカル暦

大雪次候 第62候 熊穴蟄(くまあなにこもる) 

【62】大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる) 」新暦12月12日~12月15日 頃
熊が冬眠のために穴に入る

植物:葱(ねぎ)
       藪椿(やぶつばき)
魚:   牡蠣(かき)
動物

行事など
正月の事始め:12月13日
正月の準備を始める。松を取りに行く松迎えなど。

 

 

葱(ねぎ)は体にいいとされる野菜の代表。(花言葉は愛嬌・笑顔・くじけない心)

特有のツンとくる臭い(硫化アリル)は、肩こりや疲労回復に有効です。
風邪の回復や消化促進作用や血行をよくする効果もあり、殺菌、利尿、発汗、
下痢止め、解熱効果なども。
寒く厳しい冬に向かうこの時期、たっぷり食べてみてくださいね。

 

牡蛎は、11月から3月が旬ですが、今ぐらいから香りもよくなって、
さらに美味しくなってきます。
ビタミンB12、鉄、亜鉛、グリコーゲンと他ではなかなか採りにくい栄養が
ぎゅっとつまっています。
生食がお勧めですが、カキフライやアヒージョも美味しいですね。
亜鉛の吸収をよくするのに、ビタミンCを一緒に採るのがお勧めです。

 

 

藪椿(ヤブツバキ)

万葉集のころから知られていますが、近世では茶花として愛好されて多くの園芸種が
生まれています。
花言葉は、完璧な魅力、女性らしさ、謙遜、誇り、控えめな優しさ 美徳、おしゃれ、
常にあなたを愛します

椿の花には香りがありませんが、香りで惹きつける必要のない完璧な魅力ということ
でしょうね。
種子からとれる椿油は、優秀なヘアケア、スキンケアとしてお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 立秋初候 第37候 涼風至

  2. 桜始開さくらはじめてひらく

    春分次候 第11候 桜始開 さくらはじめてひらく 

  3. 春分次候 第11候 桜始開 

  4. 処暑末候 第42候 禾乃登(こくものすなわちみのる)

  5. 啓蟄末候 第9候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

  6. 小満初候 第22候 蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)

  7. 立春初候 第1候 東風解凍 はるかぜこおりをとく 

  8. 小暑次候 第32候 蓮始開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。