白露末候 第45候 玄鳥去(つばめさる)

【45】白露末候
第四十五候「玄鳥去(つばめさる)」 新暦9月17日~9月21日 頃
ツバメが南へ帰っていく頃

 

______________

1年を立春からスタートし、
春分、夏至、秋分、冬至の四つの時期を
基準とし、24分割したものが、二十四節気です。

それをさらに、
初候、次候、末候で3分割したものが、七十二候です。

5日に一度進む、季節の移ろいを知らせる
自然界からのサインです。

______________

 

この期間目にしたり、召し上がると
幸福感が高まる旬のものは、
開運に欠かせないものです。

植物:茄子(なす)
       鶏頭(けいとう)

魚:   昆布(こんぶ)
動物:燕(つばめ)

 


春に南方から渡ってきて、子育てを終えた燕が
冬を前に南の国に変える時期です。
燕は世界中で幸運のモチーフとして愛されています。
害虫を食べる益鳥で、燕が家に巣を作った家は栄えると
言われています。

 

茄子
秋野菜の茄子は様々な料理に使えて人気があります。
選び方は、皮の色が濃い紫色で、ハリと光沢があり、
ぷっくりと膨らんでいるものを。
ヘタの切り口が乾燥しておらず、全体にみずみずしく、
トゲがピンと立っているものが新鮮です。

(花言葉は優美・希望・真実)

 

鶏頭
名前の由来は、雄鶏のトサカのような花をつけることから。
ヒユ科の一年草。
学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来し、
ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるので。
(花言葉はおしゃれ・気取り屋・色褪せない恋・博愛・個性) 

 

昆布
「よろこぶ」との語呂合わせで、縁起物としても広く使われる昆布です。
昆布を煮た時の粘り成分には、整腸作用やコレステロール値を
抑える効果、ミネラル豊富で骨粗鬆症の予防効果が期待できます。

 

9月17日 新月
9月18日 甲子 不成就日
9月19日 彼岸の入り
9月20日 空の日
9月21日 一粒万倍日 敬老の日

関連記事

  1. 処暑初候 第40候 綿柎開

  2. 立秋次候 第38候 寒蝉鳴

  3. 立冬初候 第55候 山茶始開

  4. 啓蟄末候 第9候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

  5. ボタニカル暦

    大雪次候 第62候 熊穴蟄(くまあなにこもる) 

  6. 雨水次候 第5候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

  7. 啓蟄初候 第7候 蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)

  8. 立春末候 第3候 魚上氷 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。