立秋次候 第38候 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 

 

立秋次候  第38候

寒蝉鳴(ひぐらしなく)  8月13〜17日

カナカナと甲高くひぐらしが鳴き始める頃。
都会では聞かなくなりましたが、
日暮れに響く虫の声は、一服の清涼剤です。

 

 

古来、日本人は祖先を神様として敬って来ました。
数え切れないくらいの数のご先祖様がいて、今の私たちが
います。亡くなって、33年は個別に供養され、その後は
「祖霊」と呼ばれる山の神様になります。
先祖の神様である祖霊を迎え、もてなし、送り出す行事が
お盆です。13日に迎え火をし、16日には送り火を焚きます。

 

 

盆飾りのキュウリは、先祖を早く迎えるための馬、
ナスはゆっくり帰ってもらうための牛に見立てて
います。

ホオズキは道に迷わないための灯りだと言われています。

 

 

 

 

送り盆の行事の中でも、有名なのが
京都の「五山の送り火」
8月16日の午後8時に、「大」の大文字が
灯され、「妙」「法」船形、左大文字、鳥居形
と続きます。

 

 

帰省されてご家族と会う方も多いと思います。
私も、父や、祖父母のお墓まいりに行ってきます。

 

関連記事

  1. 雨水次候 第5候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

  2. 穀雨次候 第17候 霜止出苗(しもやみてなえいずる)

  3. 雨水末候 第6候 草木萌動(そうもくめばえいずる)

  4. 晴明初候 第13候 玄鳥至(つばめきたる)

  5. 立冬初候 第55候 山茶始開

  6. 啓蟄初候 第7候 蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)

  7. 立夏次候 第20候 蚯蚓出(みみずいずる)

  8. 春分次候 第11候 桜始開 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。