立春末候 第3候 魚上氷 

季節は春夏秋冬の他に、立春から始まるニ十四節気、さらにそれを3等分した七十二候
があります。

七十二候は、1年を72に区切って、5日ごとに季節それぞれのできごとを、そのまま名前
にしています。

2月15日から18日の5日間は、「魚上氷 うおこおりをいずる」

気温があがり、湖や川の氷が割れて、氷下で泳いでいた魚が氷の上に跳ね上がる頃。

春を告げる「春告魚」は、昔は、鯡

関東・東海ではメバル、瀬戸内海はイカナゴ、鰆(サワラ)、伊豆諸島ではハマトビウオ

 

関連記事

  1. 芒種次候 第26候 腐草為蛍 くされたるくさほたるとなる 

  2. 穀雨次候 第17候 霜止出苗(しもやみてなえいずる)

  3. 小暑末候 第33候 鷹乃学習

  4. 晴明次候 第14候 鴻雁北(こうがんかえる)

  5. ボタニカル暦

    大雪次候 第62候 熊穴蟄(くまあなにこもる) 

  6. 冬至初候 第64候 乃東生 

  7. 立秋末候 第39候 蒙霧升降

  8. 立夏次候 第20候 蚯蚓出(みみずいずる)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。