芒種次候 第26候 腐草為蛍 くされたるくさほたるとなる 

二十四節気 芒種

七十二候  腐草為蛍

二十四節気の芒種の次候にあたり、6月11日〜15日ごろの時季。季節は仲夏。 朽草(くちくさ)は蛍の異名。蒸れて腐りかけた草の下で明かりを灯し始めることから、腐った草が蛍になると想像されていた。

 

ホタルが暗闇に光を放ちながら、飛び交う頃。きれいな水辺に住んでいると思われがちですが、野原でも蒸れて腐りかけた草の下で、明かりを灯し始めます。

関連記事

  1. ボタニカル暦

    立春次候 第2候 黄鶯睍睆 うぐいすなく  

  2. 立夏次候 第20候 蚯蚓出(みみずいずる)

  3. 処暑初候 第40候 綿柎開

  4. 処暑末候 第42候 禾乃登(こくものすなわちみのる)

  5. 雨水次候 第5候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)

  6. 小満初候 第22候 蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)

  7. 春分末候 第12候 雷乃発声 

  8. 小暑次候 第31候 温風至

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。