芒種次候 第26候 腐草為蛍 くされたるくさほたるとなる 

二十四節気 芒種

七十二候  腐草為蛍

二十四節気の芒種の次候にあたり、6月11日〜15日ごろの時季。季節は仲夏。 朽草(くちくさ)は蛍の異名。蒸れて腐りかけた草の下で明かりを灯し始めることから、腐った草が蛍になると想像されていた。

 

ホタルが暗闇に光を放ちながら、飛び交う頃。きれいな水辺に住んでいると思われがちですが、野原でも蒸れて腐りかけた草の下で、明かりを灯し始めます。

関連記事

  1. 小満次候 第23候 紅花栄 べにばなさかう 

  2. 霜降次候 第53候 霎時施 

  3. 立春末候 第3候 魚上氷 

  4. 雨水初候 第4候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

  5. 夏至末候 第30候 半夏生(はんげしょうず) 

  6. 小満末候 第24候 麦秋至(むぎのときいたる)

  7. 冬至初候 第64候 乃東生 

  8. 雨水  2月19日~3月5日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。